横浜市青葉区の歯医者「たかはし歯科医院」 TOP > 歯周病治療

歯周病治療

日常生活を脅かす歯周病

「歯がグラグラする」「歯ぐきが出血する」などの症状があったら、歯周病の可能性があります。歯周病は、細菌が歯ぐきと歯槽骨(歯を支えている骨)に炎症を起こし、症状が進行すると歯槽骨が溶けてしまう病気です。治療せずに放置しておくと歯が抜けてしまう事もあります。

一度溶けてしまった歯槽骨は、元に戻ることはありません。むし歯と同様、日ごろのケアと定期的な処置で予防を行うことが大切です。

歯周病の進行と症状

歯周病の初期段階(歯肉炎)

歯周病の初期段階(歯肉炎)

歯周ポケット(※)が4mm程度まで深くなり、ブラッシングすると出血します。この段階では、歯垢・歯石を除去する治療を行います。

※歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの境目にある溝のことです。正常な状態は2mm程度です。

歯周病の第2段階(歯周炎第1~2度)

歯周病の第2段階(歯周炎第1~2度)

歯周ポケットが4~6mm程度の深さになっています。歯ぐきがやせ衰え赤く腫れるようになります。この段階でも、歯垢・歯石を除去する治療を行います(歯垢・歯石の量が多いため多少時間がかかります)。

歯周病の最終段階(歯周炎第3~4度)

歯周病の最終段階(歯周炎第3~4度)

歯周ポケットが6mm以上の深さになっています。歯槽骨が溶かされて歯がグラグラし、最終的には抜け落ちてしまいます。この段階になると、外科手術や再生治療を行う必要があります。

歯周病の予防方法

歯周病を予防するためには、日ごろのケアと定期的な処置での予防が大切です。

ブラッシング

ブラッシング

日ごろのケアとして、特に効果的な方法がブラッシング(歯みがき)です。普段から適切なブラッシングを行って歯垢を除去し、歯周病を予防しましょう。健康な歯を長持ちさせるために、当院では適切なブラッシング方法をお教えしています。

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング

歯科医院で行う予防処置として、「スケーリング・ルートプレーニング」があります。「スケーラー」と呼ばれる金具を使用し、歯ぐきや歯周ポケットから歯垢・歯石を除去します。さらに、削った部分を硬く滑らかに仕上げることで、歯周病になりにくい歯にします。