横浜市青葉区の歯医者「たかはし歯科医院」 TOP > むし歯治療・予防歯科

むし歯治療・予防歯科

むし歯について知りたいこと

むし歯の進行と段階

むし歯は、むし歯菌の出す酸によって歯が溶かされる病気です。進行してしまったむし歯は、自然に治ることがありません。そのまま放置しておくと抜歯しなければならない場合もありますので、早く処置することが必要です。むし歯の進行と段階は、次のようになります。

脱灰(だっかい)

脱灰(だっかい)

歯のエナメル質の表面が溶かされ始めた状態です。この段階では、しっかりしたブラッシングや・フッ素を塗布する(むし歯予防)フッ素塗布によって再石灰化させることができ、治すことができます。

エナメル質のむし歯

エナメル質のむし歯

歯の表面にあるエナメル質が溶かされている状態です。この段階になると、再石灰化させることはできません。むし歯部分のエナメル質を削り、レジン(合成樹脂)を詰める治療を行います。

象牙質のむし歯

象牙質のむし歯

エナメル質のさらに内側にある象牙質まで、むし歯が進行している状態です。この段階になると、冷たいものなどを口に入れるとしみるようになります。むし歯が進行した部分を削って詰めものをする治療を行います。

神経まで進行したむし歯

神経まで進行したむし歯

象牙質のさらに内側にある歯髄(神経)まで、むし歯が進行している状態です。この段階になると痛みが激しくなり、普段の生活にも影響が出てきます。むし歯に冒された歯髄を除去し、被せものを装着する治療を行います。

歯根まで進行したむし歯

歯根まで進行したむし歯

歯髄が壊死し、歯根までむし歯が進行している状態です。この段階になると、歯根が化膿してしまいます。一般的には、抜歯を行い、入れ歯やインプラントなどの対応が必要となります。

定期健診でむし歯から守る

初期のむし歯には自覚症状がありません。むし歯が進行した段階でようやく気付き、来院される方が多くいらっしゃいます。治療の時期が遅れると、抜歯しなければならないこともありますので、定期的に歯科医院に通いましょう。

歯は一度失ってしまうと取り戻すことはできません。人工の歯で一生を過ごすことになってしまうのです。そうならないためにも、日ごろのケアと歯科医院における定期的な処置で、大切な歯をむし歯から守ってください。

定期健診のお知らせ

定期健診のお知らせ

当院では、地域の方々の「歯の健康」に貢献していくため積極的に予防歯科に取り組み、患者様一人ひとりに定期健診を行っていただくようご案内しています。大人用、こども用と2種類のはがきで定期健診の時期に合わせてご案内していますので、ご来院いただければと思います。